体験談

ワクワクメールで出会った彼女はスパンキングだけでイく変態女だった

スパンキングだけでイく変態女

スパンキング。
それは平らなものや平手でお尻を叩くこと。

コレを聞いただけだと、体罰や少し過激なSMを想像する方が多いと思いますが…
実はそれだけではないんです。

上手く取り入れればセックスは盛り上がり、マンネリ防止にもなります。

スパンキングされながら、激しい絶頂に達する女性。
女性のそんな姿、見たくありませんか?

今回は、少しばかりの非日常的体験。
ワクワクメールで出会った女性とのスパンキング体験談です。

スパンキングを絡めたセックスがしたい

ある日、セフレとラブホに行ったときのこと。

エッチが盛り上がるかなと思いAVをつけてみると、映し出された映像は、AV女優がお尻を叩かれながらセックスをしているシーン。

バックで突かれるたび、大きな喘ぎ声を上げ何度もイきまくっている美女…。

興奮を覚えた私は、どうしても試したくなり…
その時一緒にいたセフレにバックでハメながら、お尻を叩いてみました。

バックでガン突きセックス

すると彼女は感じるどころか怒ってしまい、その日はかなりの険悪ムードに。

とは言え、目覚めてしまった欲望は募るばかり。

「スパンキングに悦びを感じる女性とセックスがしたい!」

そこで、出会い系ワクワクメールの「アブノーマル掲示板」で、M気質な女性を探すことに。

ワクワクメールのアブノーマル掲示板

この掲示板には変わった性癖を持つ女性が集っています。
アブノーマルなプレイをしたいと思ったときにかなり便利。

「お尻を叩かれながら興奮するような、ちょっとMっ気のある娘いたりしないかな?」

そう投稿してみたものの、正直期待せずにいたのですが…

投稿から8時間後、一通のメッセージが届きました。

ワクワクメールのメール

やっと来た一通の望み。

プロフィールを見ると、さゆみ、21歳で専門学生。
やや細身でバストは80とありました。

可愛さは自己評価で★4(5が最高)
写真は載っていませんが、プロフィールを見た限り地雷ではなさそう。

ワクメで変態女とやりとり

このやり取りだけで、すでに興奮していました。
興奮する気持ちを必死に落ち着かせてメールを続けます。

「スパンキングって言うんだけどわかる?叩かれた経験もあったり?」

「わかります。叩かれたことはないです」

「なんでスパンキングに興味を持ったの?」

「それは…友達が彼氏にお尻を叩かれながらエッチしてるのを見ちゃって…」

どうやら彼女、友人宅で友達カップルのセックスを目撃してしまったらしく。

「普通の女の子なんですけど、その…すごく気持ちよさそうで…
私、見ていて興奮しちゃったんです」

明確に目的が一致しているため、LINE交換もスムーズ。
やりとりから4日後、会うことに。

待ち合わせ場所にはスカートで来るよう彼女に伝えました。

スカートをまくり上げ、下着の上から叩きたかったので。
完全に私の性癖です(笑)

ホテルへ着く頃にはすでにマンコは洪水状態

車で待ち合わせ場所に向かうと、彼女はすでに到着していました。

ワクワクのプロフィール通り細身で、髪は黒のロングストレート。
ルックスは悪くはありません。

しかし、かなり地味な感じ。
出会い系をやるようには見えません。

後部座席に乗るよう促し、乗り込もうとした彼女のお尻を強めに掴んでみます。

「あっ、」

「いいお尻してるね、いっぱい可愛がってあげるからね」

彼女は頷くと車に乗り込みました。

出発前、バックミラーを彼女の姿が見える角度に合わせます。

そしてスカートをまくるよう伝えると、彼女は恥ずかしそうにスカートをまくり上げました。

「スカートまくったまま、お尻をこっちに向けて」

彼女は素直に後ろを向き、お尻を運転席に突き出します。

細身のわりにボリュームのある、叩きがいありそうないいお尻です。

出発前に楽しもうと思い、下着ごしにお尻の割れ目にそって指をなぞってみると。

「ひゃぁっっ!」

それだけで身体をビクつかせます。

何度かなぞったあと軽く叩いてみると、小さな喘ぎ声が。
彼女の淡い水色のパンティに染みが広がっていきます。

ちょっとした余興のつもりでしたが…
想像以上に感度の良い彼女に、私もついつい止まらなくなってしまい。

中指と薬指を彼女のマンコへ入れ、激しく手マンをしました。

すると、10秒と持たず大量の潮吹き
彼女は身体をビクビクとさせ、そのまま後部座席に倒れこみました。

まさかの潮吹きに一瞬「掃除…」と思ってしまったのは事実ですが(笑)

本番はこれから。
この様子なら、たっぷり楽しませてもらえそうです。

何度も何度も潮吹きと絶頂を繰り返す彼女

すっかり火がついてしまった彼女、部屋に入るなり私の顔を引き寄せるとキスをしてきました。

2度軽いキスをし、3度目で舌を絡ませての激しいディープキス。

「もう我慢できない…お願いします」

自らベッドに向かい四つん這いになり、私にお尻を突き出してきました。

はいている下着はすでにビショビショなので脱がせて全裸に。

突き出されたお尻を軽く揉んでから、車のときよりもずっと強めに叩いてみます。

変態女と中ハメセックス

「ぁああんっ!」

3発、4発と叩くたび、痙攣するように体を震わせる彼女。
そして…9発目。

「ダメっ!もうイくっっ!」

その言葉と同時に、彼女はスパンキングだけで身体をのけぞらせイってしまいました。

そんな姿を見てしまっては私も我慢できません。

イくと同時にベッドに倒れこんだ彼女を、また四つん這いにさせると一気に挿入。

「だめ、気持ちよすぎる、もっと…!」

突くたびに彼女が本気で感じているのが伝わります。

2分ほど突いた頃、そろそろやりたかったバックからのスパンキングを。

始めの一発目ですが、興奮のあまりかなりの力で叩いてしまいました。
しまった、と思ったのですが…

「あ゛っ!気持ちいっ!もっと強くっ!」

これは正直、ヤバかったです。
この時の興奮は鮮明に覚えています。

「あっ、あっ、あっ…イくっ、またイっちゃうっ!」

突くたび、叩くたび、彼女の声も絶頂も潮吹きもとまりません。

私も我慢できなくなり、マンコから引き抜くとお尻にフィニッシュ。

生ハメして尻出し

しかし、そこには四つん這いのままコチラを見上げて懇願する彼女の姿が。

「お願い、もっと…」

「こんなにシーツが濡れるくらいイったのにまだ足りないの?
淫乱なさゆみにはもっとお仕置きしないとな」

私は持ってきていたアイマスクを彼女につけました。

更にぐちょぐちょの下着を再びつけさせ、中にバイブを挿入。

「あ、あ、気持ちいい…でもおチンポのほうが…」

バイブをパンツで固定され、おもちゃでは満足できずチンポをねだる彼女。

「叩いてほしい?」

「叩いてほしいっ!お願いっ!」

「さゆみはホントに淫乱で変態な女だね」

「さゆみは変態女です、だからもっとお願い…!」

下着をつかみTバック状態にすると、叩かれ真っ赤になったお尻がそこに。

普段の自分なら引いてしまうかもしれませんが、今日はシチュエーションが違います。

部屋に置いてあった雑誌を見つけると、それで彼女のお尻を叩きました。
何度も何度も。

叩かれるたび、彼女は大きな声で喘ぎます。

パンツにバイブを固定され、スパンキングで潮を吹きながら絶頂を繰り返す彼女。

最後に彼女の服を全部脱がし、バックでお尻を叩きながらガン突き。

あまりの興奮と快楽で、膣に中出ししてしまいました。

「ゴメン、さゆみの中気持よすぎてイっちゃった」

「もう…でもまた会ってくれるなら許す」

彼女も満足してくれたようで、すぐに会う約束をしました。

ヤバすぎたワクワクのアブノーマル体験談

精子が滴るオマンコ

見た目は地味で普通。
でもベッドの上では、想像もつかないほどの淫乱になる彼女。

その後も撮影しながらスパンキングセックスをしたり、スパンキング用のムチを購入して楽しんだり。

今回は運よく1回の投稿で変態セフレができましたが、2回3回と繰り返せば間違いなく相手は見つかります!

ただし、あまり変態女と出会いすぎると普通のセックスでは物足りなくなってしまうかも…

変態セフレと出会った→ワクワクメール

ABOUT ME
ジン
大手アダルトショップで統括マネージャーをやっていました。 (AV女優のイベント誘致なども) 副業でキャバクラ・デリヘルの経験も10年近くあります。 出会い系も詳しいです。