体験談

爆乳の後輩社員に社長室でパイズリしてもらい、巨乳に目覚めた話

こんにちわ。ジンです。
私は極度のおっぱい性人です。

パイズリできないおっぱいは、おっぱいと認めません。

しかし巨乳好きな私ですが、昔はおっぱいに興味がありませんでした。
むしろ、スレンダーな女性の方が好みなくらい。

巨乳・爆乳好きになったのは、会社の後輩社員のせいです。

ウエストが61のくせに、Kカップの爆乳おっぱいだったんです!

彼女とのパイズリ体験をきっかけに、私の好みは胸の大きさ重視になりました。

今回は私の好みが180度変わるきっかけになった、巨乳後輩のパイズリ体験談です。

制服の上からでもわかる、巨乳の新入社員

巨乳女性
イメージ画像

 
私は、設備関係の会社に勤めています。

入社して4年後、一人の女性が入社してきました。

名前:真紀
身長:150センチちょっとと小柄
髪型:ストレートのロングヘア

キレイと言うよりは、可愛らしい感じです。

そんな彼女ですが、男性なら二度見をしてしまう大きな特徴がありました。

それは胸。
制服の上からでもはっきりと「デカい!」とわかる大きな胸。

彼女こそが私を爆乳信者にした戦犯です。

 
入社した彼女ですが、しばらくは私が担当上司として面倒を見ることに。

常に2人で行動し、昼休憩には一緒にランチ。

時には会社帰りに飲みに行くように。
半年程経つ頃には、下ネタも言い合える仲になっていました。

 
そんなある日。
いつもの様に退社後2人で飲んでいると、いつも以上にお酒がまわってしまい…。

普通ならセクハラで訴えられかねない質問を、彼女にぶつけまくりました。

 
「おっぱい大きいけど挟んだことある?」

「挟んでイかせたことある?」

「おっぱいは感じる?」

「乳首は大きい?」

 
後日、嫌われたかな~と思っていましたが、ランチの時間になると、

 
「お腹すいたー、今日はガッツリしたもので行きましょう!」

 
そう言って腕を組んできたり、前よりも仲良くなった感じ。

腕を組んだ時、胸が当たっていたのですが、わざと当てているような気もしました。

社長室を掃除中、頭の中はおっぱいのことばかり

そんなある日。

彼女と社長室を掃除中、掃除機のコードが足にひっかかり、私の胸にダイブしてきました。

その時の彼女の胸の感触は、制服の上からだというのに、想像以上の柔らかさ。

「ごめん」と言われましたが、むしろ「ありがとう」と伝えたい気持ち。

その感触がずっと頭から離れず、仕事中も彼女の胸を意識するように。

しかし見ないようにしていたつもりですが、自然と視線が向かっていたようです。

 
「先輩、最近胸見すぎですよw」

「うーん、見てたかな。気を悪くさせたならごめん。」

 
焦って答えた私に、彼女は思いがけない言葉を投げかけてきました。

 
「先輩なら見てもいいですよ?w
なんなら触ってもw」

 
びっくりして言葉を返せないまま掃除は終わり、始業時間に。

さっきの言葉のせいでこの日は悶々。

おかげで、普段しないような仕事のミスをしてしまいました。

落ち込んでいた私に、彼女が仕事終わりに飲みに誘ってくれました。

しかし次の日朝早く得意先に向かう必要があり、帰って寝ることに。

生の爆乳!ピンク色の乳首に大興奮

翌日、いつもより早く出社し、また一緒に社長室を掃除していると、

 
「昨日、大丈夫でしたか?」

「大丈夫だけど大丈夫じゃないかな。」

「先輩らしくないあんなミス、なんかあったんですか?」

 
適当にごまかそうと思いましたが、本当のことを伝えてしまいました。

 
「この前「先輩なら見てもいい」とか言ってじゃん?
冗談だってわかってんだけど、なんか意識しちゃってさ…」

「え、そんなことで?w」

「そんなことって、意識しちゃうんだからしょうがないだろ。」

「でも冗談じゃなく、先輩なら見てもいいですよ?」

 
これ以上言われたら理性がもちません。
考えるより先に言葉がでます。

 

「じゃあ、お願い!」

「先輩の事嫌いじゃないし…」

そう言って制服のボタンを外した瞬間、思っていたより遥かに大きい胸が目の前に。

乳輪が大きめなのか、ブラから少しはみ出ています。
私にはそれがたまらない興奮材料になりました。

 
「すごっ。何カップあるの?」

「K位かな?」

「Kって…ブラもいい?」

 
彼女は少し笑うとブラを外しました。

すると、生の「爆乳」がそこに。

大きいのに垂れていることもありません。

乳首はキレイなピンク色。
乳輪はけっこう大きめ。

本能のまま抱きつき顔を埋めてみると、おっぱいで鼻も口もふさがり息できなくなるほど。

正直、このまま死んでもいいと思いました。

爆乳にパイズリされておっぱい星人になった

顔を離し、改めて触れてみると、マジで柔らかい。
揉めば揉むほど、Kカップの魅力が手に伝わってきます。

乳首、そして胸全体を揉んでいると、小さく彼女の喘ぎ声が聞こえてきます。

そのまま乳輪をなぞるように舐めてみると…。
声を押し殺していたようですが、喘ぎ声がはっきりと耳に届きました。

乳輪、そして乳首を舐めるたびに、どんどん声が大きくなってきます。

 
「真紀、俺もう我慢できなくなってきたんだけど」

「そうみたいだねw」

 
スーツの上からでもわかる位私はビンビンになっており、彼女もそれに気づいていました。

 
「ズボン脱いで椅子に座ってw」

 
言うがままに椅子に座ると、彼女は私の前に膝立ち状態になり、パンツ脱がしてきました。

そして舐めてくれるのかと思いきや、乳首で亀頭の先を刺激してきました。

よだれでヌルヌルになっていて、乳首が動くたびに私のアソコに快感をもたらします。

 
「先輩、なんか出てきてるよw」

「しょうがないじゃん。真紀の胸やばいから」

「ならこうしてあげるw」

 
そう言うと彼女は、その爆乳おっぱいで私のアソコを挟んできます。

社長室でパイズリ

これが人生で初のパイズリです。
自分で言うのもなんですが、私のアソコは小さくありません。

しかし彼女の胸に挟まれると、先っぽが少し見えるだけで、後はその大きなおっぱいに隠れてしまいます。

そのまま彼女はゆっくりと胸を上下に…

乳首で刺激され、チンコがヌルヌルになっていたこともあり、胸を上下するたびに言葉では言い表せないほどの快感が。

 
「真紀…ヤバいって。」

 
それを聞いた彼女はおもしろがり、更に激しく胸を上下します。

 
「ホントヤバいって。」

 
すると彼女は、激しく動かしていたパイズリの手を一度止め、挟んだまま私のアソコの先をチロチロと舌で舐めてきます。

これが超絶気持ちいい!

パイズリのまま舐め始める後輩

舐められるたびに声が出そうなのを我慢していると、今度は挟んだままのフェラチオ

そしてまた軽く胸を上下に動かしてきます。

もうAVでしか見たことのない光景…

会社で2人きり×パイズリ×社長室。
興奮しないわけがない。

咥えられた私はこのシチュエーションもあり、3分と持たず発射。

全て彼女の口へ。

口内発射したのですが、嫌がることなく飲み込むと笑顔で、

 
「気持ち良かった?」

 
この時から、私はおっぱい性人になりました。

まとめ

あの日以来、何度かパイズリを
あの日以来パイズリで抜いてもらった

 
それから半年ほどたった頃、彼女が彼氏の転勤について行くということで退社。

彼氏はいないと言ってたのに。

あの社長室の一件以来、何度かパイズリでヌいてもらっていましたが、本番まではしていませんでした。

パイズリに夢中だったのですが、一度くらい最後までイけばよかったな…

保育士はエロい!巨乳保母さんとのセックス体験談こんにちは! 千葉の工場で勤務している、独身の33歳男です! 恋愛や結婚も考えなければいけない歳ですが、まだまだ遊び盛り! ...
ABOUT ME
ジン
大手アダルトショップで統括マネージャーをやっていました。 (AV女優のイベント誘致なども) 副業でキャバクラ・デリヘルの経験も10年近くあります。 出会い系も詳しいです。