体験談

デブスは何でもあり!?極上のフェラ特化セフレにした体験談

いきなりですが、太っている上にブスな女性ってどう思いますか?

私は「アリ」です。
むしろ歓迎します。

理由は都合がいい女になりやすいからです。

今回はデブスと関係を持つメリットや、実際のハメ撮り体験談を紹介します。

私がデブスちゃんがアリな理由

デブスちゃんの裸

世間一般の男性からは、敬遠されがちなデブス。

でもデブスちゃんには、色々と魅力が詰まってるんです!

簡単にヤれるし、変態プレイも受け入れてくれる

デブスちゃんは、嫌われまいと簡単にヤらせてくれます。
多少アブノーマルなプレイでも受け入れてくれます。

今回の体験談に出てくる彼女もそうでした。

恥ずかしい格好やフェラなど、写メや動画を撮りまくりましたw

デブスちゃんのアソコ

可愛い娘と違ってお金がかからない

可愛い娘には割り勘を頼んだりすると、すぐ連絡が途切れそうで気が引けます。

でもデブスなら大丈夫。

気兼ねなく割り勘を切り出せるし、なんなら全額出してくれることも。

それで離れていくようなら、次のデブスちゃんを探すだけです。
ヤレるデブスちゃんなら、すぐ見つかりますからw

出会い系をやってるデブスはテクニシャンが多い

簡単にヤらせるデブスは男性経験が豊富

今回の体験談に出てくる彼女もそうでした。

フェラするデブスちゃん

ホテルに入室するなり咥えさせましたが、それはもう絶品でした。

ではお待ちかね?

ここからは、デブスちゃんとのリアルな体験談になります。

PCMAXで自らをブスと言うデブと待ち合わせした

その日の夜、私はセフレと会う予定でした。

しかし彼女が直前になってドタキャン。

完全にヤる気モードだった私。

「どんな女性でもかまわないからヤらせてくれ」

そんな気持ちでPCMAXを開き、ダメ元で投稿します。

彼女にドタキャンされました。
体型や年齢など一切気にしません。
メールだけでもいいので、相手してもらえませんか?

セフレ」と書くと、感じが悪い気がしたので「彼女」と投稿しました。

投稿から15分、一通のメッセージが。

 
「ドタキャンとかありえないね。
ウチでよかったらお話でもする?」

デブスちゃんからのメッセ

 
彼女のプロフィールをチェックすると…

写メが載っていたのですが、正直、下の中。
ハッキリ言えばブス。

しかも、プロフに記載されている体型「太め

俗にいうデブスちゃんです。

 
「デブスだし、嫌われてもかまわない」

 
最低な私はそう思い、露骨に下ネタエロいことばかりメッセージを送ることに。

デブスちゃんとメッセ1
デブスちゃんとメッセ2

普通の娘であれば引いてしまい、この辺で返信が来なくなるのがほとんど。

しかし、彼女は全てに返信してきました。

 
「PCMAXで何人位と会った?
てかエッチした?」

「多分20人位、エッチは何人かとしたかな…」

「玩具とかは好き?
色々持ってるよw」

「普通かな?」

 
他にも、SMやアナルの経験など、色々聞きましたが全て返信あり。

一通り聞いたところで連絡先を聞いてみると、これまたスンナリOK。
やり取りをLINEに移します。

デブスちゃんとLINE

1時間後、待ち合わせることになりました。

デブスちゃんのフェラが上手すぎた

知り合いに見られたら恥ずかしいので、人気のない場所で待ち合わせすることに。

先に着いて待ってましたが、デブスが来るのがわかっていたので、緊張感は全くナシ。

少し遅れて彼女が到着。
ほぼ想像通りのデブスちゃんでした。

挨拶もソコソコに彼女を助手席に乗せると、そのままホテルへ向かうことに。

車の中で胸を触ったり、マンコに手を伸ばしたりしてみましたが、嫌がる素振りは全くなし。

 
「勃ってきたから手でしてほしいな。」

 
そう言うと、デブスちゃんはスグにしてくれました。
ズボン越しに手コキをしてくる彼女。

手コキで更に大きくなったのに気づいた彼女は、自らチャックを下げズボンの中に手を入れてきました。

そしてそして、ガマン汁が出てきたのがわかると、

 
「もう勃ちすぎw
チンコ濡れまくってるじゃんw」

 
笑いながら、今度は下着の中に手を入れてきました。

亀頭をこねくり回してしきて…
始めはゆっくり、徐々に激しく上下に…

ホテルに着くまでの約10分間、彼女の手コキを堪能しました。

やはり出会い系をするデブス特有の男性経験の多さからか、上手かったです。

ホテルに到着。
可愛い娘とであれば多少は良いホテルを選びますが、相手はデブスちゃん。

選んだ部屋は1番安いホテルと部屋。
お財布に優しいですw

入室するなり、私はベッドに座ると、彼女にフェラを頼みました。

 
「もう我慢できないから口でしてもらっていい?」

 
何度も言いますが、相手はデブスちゃん。

可愛い娘だったらシャワーも浴びる前にフェラなんて頼めませんが、デブスは別。

彼女も慣れているのか嫌な顔一つせず、私のズボンを下げると咥えてくれました。

すぐにフェラしてくれるデブスちゃん

さっきの手コキも良かったですが、フェラは比べ物にならないほどの気持ちよさ。

私の股間に顔を埋めると、始めはタマや竿をレロレロ。
完全に勃起したのがわかると、唇を亀頭に持ってく彼女。

 
「うっ…」

 
あまりの上手さに声を漏らしてしまいました。

それを聞いた彼女は、さらに激しく口を上下にストローク。
同時に、右手は私の竿の部分に。

ヨダレをローションのように扱い、手コキをしながらのフェラ…
入室から10分も経たないうちに、イってしまいました。

彼女は口に出されたものを、当たり前のようにゴックン

 
「ケイちゃん、上手すぎだよ。
俺、あんまりフェラでイかされたことなかったのに。」

「良かったw
シャワー浴びてきていい?」

「一緒に浴びる?」

「うん!」
 

デブスちゃんの極上フェラからの生セックス

一緒に入浴したのですが…

カラダを洗うデブス

見れば見るほどデブスだなぁw

でもデブ特有のデカいおっぱい!
最高です!

シャワーから上がると、彼女は私の身体を丁寧に拭いてくれました。

部屋に戻ると、改めて彼女にフェラを頼みました。

 
「ケイちゃんのフェラ、マジで気持ちよかったから、もう一回お願いしていい?」

 
デブスちゃんは笑って頷きました。
今度は四つん這いになると、

「ジュロロロロ」
「ジュポジュポ」
「チャポチャッ」

口をすぼめ、吸いつくように舐めたり、顔をグラインドさせながら、上下に激しくストロークさせたり…

さっきのフェラも最高でしたが、今回のはさらにヤバイ。

這いつくばってフェラするデブスちゃん

四つん這い姿で音をたて、美味しそうにチンコを咥えるその姿に大興奮!

そろそろガマンの限界。
私は彼女の後ろに回り込みました。

そして、そのまま後ろから…

 
「あーっ、あっあっ!」

 
腰を振るたびに揺れる、大きなおっぱいとお腹の肉。

 
「あー硬いぃっ!」

「お願い、もっと、気持ちいいっ!」

「んっ、あっ。ジンさん凄いっ!」

 
突くたびに大きな声を上げ、悶えるデブス。

 
「あっ、イっちゃう。イくっ!」

 
彼女はイくと同時に、私のチンコをきゅーっと締め付けてきました。

女性が絶頂を迎える際の、あのマンコの締り、いつ体験しても最高です!

程なくして、私もデブスちゃんのデカ尻に発射。

フェラ特化のセフレに

この日は泊まりの予定でした。

 
「あのさ、朝、フェラで起こしてくれない?」

 
そう頼んでみると、彼女は笑ってOKしてくれました。
朝目覚めると、約束通りチンコを舐めるデブスちゃんの姿が。

フェラで起こしてくれるデブスちゃん
 
「おはよ。ケイちゃんフェラで起きるの最高だよ。」

 
彼女は一旦フェラを辞めると、

 
「おはよ。満足してくれたら何よりですw」

 
会ったその日から、何でもしてくれるデブス。
最高です!

彼女との関係はしばらく続き、会うたびにフェラを要求しました。

射精した後にフェラを毎回褒めると、彼女から積極的に咥えてくれるようになりました。

デブスはセフレにするのも簡単だし、テクニシャンが多いし最高です。

ABOUT ME
ジン
大手アダルトショップで統括マネージャーをやっていました。 (AV女優のイベント誘致なども)副業でキャバクラ・デリヘルの経験も10年近くあります。 出会い系も詳しいです。