出会い攻略

セフレを作るならSNSで!おすすめのサイトと作り方を紹介

すべての男にとって「セフレを作る」のは大きな夢!

男女が純粋にセックスを楽しむ…

セフレを欲するのは、人間の本能に従った行為といえます。

そして、セフレ作りに役立つのがSNSです。

この記事では、セフレ作りにおすすめのSNSを紹介します。

SNSでセフレが作れるのか?

考える女性

もちろんSNSは、セフレ作りに使えます。

SNSをやっている人って、誰しも出会いを期待するもの。

人がSNSにハマるのは、寂しさを埋めたいからなんです。

男性から声を掛けられたいのも女性の本音。

とは言え、「セフレが欲しい」と公言する女性はいません。

だからこそ、「この女性は構ってちゃん」など、予想を立てアプローチするのが基本。

SNSでのナンパは、街中やパーティーより効率的なのも良いですね。

昼休みなどの、空き時間にアプローチできます。

おまけに、他人のSNSのやり方を参考にすれば更に効果的です。

ネットならではの効率を生かせばセフレだって出来ますよ!

セフレ作りにおすすめのSNS攻略法

出会いを待つ女性

私はこれまでに、様々なSNSを使ってネトナンしてきました。

その結果、SNSによって手法が違うことに気付きました。

ここからSNSごとに、セフレの作り方を紹介しますね。

Facebook

Facebookは利用者が大変多いので、新しい出会いに向いています。

特に深く話せる相手ができるで、セフレも作りやすいです。

Facebookで使いたい機能は「コミュニティ」です。

  • 職業(看護師・保育士など)
  • 地域(住んでいる都市)
  • 趣味(ボルダリングや音楽…)

自分に身近な、上記に関するグループを探せばいくつもヒットします。

自分の興味が有って、異性も多いグループを探してください。

犬・猫・ビジネス・熱帯魚など、自分の好きなものを探すと良いですね

コミュニティの参加申請をすれば、あっという間に大勢の人と繋がります。

ただし、アダルト性や出会い前提ではないので順序が必要です。

  1. グループ参加
  2. 仲良くなる
  3. 個別申請
  4. 会う約束

上記のステップを踏まえ、一人一人確実に攻めていくのがポイントです!

もちろん複数同時にアプローチしても大丈夫ですよ。

ちなみに私は、Facebook上で繋がってもすぐにはメッセージを出しません。

まずは1週間ほど「いいね」を送り続けます。

そして相手に「いつも楽しく投稿を見てますよ!」と印象付けます。

その上で相手を持ち上げるメッセージを送ると、警戒されませんよ。

「友達承認ありがとうございます」
「この前の投稿見ました、〇〇お好きなんですか?」

この○○が適切にチョイスできれば、女性は「共通の趣味を持った人」と共感します。

高確率で返信がありますよ。

Twitter

Twitterで気を付けたいのは、フォローするコミュニティのジャンルです。

テーマによってはひねくれた人や、中にはネカマなんてこともあるので注意が必要です。

気になる人を見つけたら積極的に絡んで仲良くなって行きましょう。

趣味で好きなものや、歌手のファン・サッカーなどスポーツ系のアカウントを探すのがおすすめです

絡むときの注意ですが…。

いきなり知らない人に「会いませんか?」と言っても、晒されるだけなので気を付けてください。

ある程度のコミュニケーションが取れてこそ、会ってくれるのがTwitter。

いきなり馴れ馴れしく絡んでも、オモチャにされるだけですよ。

Instagram

Instagramもセフレ作りに向いているSNSです。

基本的にはFacebookと同じく「いいね」とメッセージからアプローチします。

Instagramのユーザーは若く30歳未満が多いのがポイント。

また匿名利用できるので、口説きまくって悪評が立っても本名が傷付くことがないんです。

そのためInstagramではライトな感じでアプローチします。

「こんにちは!良かったら友達になってください」
「インスタ映えする店で飲み会が有るので、コラボしませんか?」

もちろん返事無しがほとんどですが、時々「こんにちは~」と返事がありますよ。

Instagramをやっている女性は、インスタ映えに命を懸けています。

お洒落なカフェやランチに誘えば、気軽に会ってくれますよ。

mixiなんかは、職業や出身校、出身地などが同じ人を探すのに有効だよね。年齢層高めだけど…

出会い系サイト

出会い系サイトはセフレができやすいSNSですね。

  • 会員数が多い
  • 男女共に出会うことが前提となっている
  • 出会い系サイトはアダルト性が高い
  • 料金が安い

特に、「ハッピーメール」や「ワクワクメール」「PCMAX」などの、運営歴が長い大手出会い系サイトはサポートが整っています。

ただし「Pairs」や「Omiai」などの、マッチングアプリは恋活目的なので、セフレ作りに向きません。

セフレ目的での利用なら、出会い系サイト一択ですよ。

出会い系サイトとマッチングアプリの相違点

出会い系とマッチングアプリは、料金体系や使い方が大きく異なります。

以下に違いをまとめたので、参考にしてくださいね。

出会い系サイトマッチングアプリ
料金体系ポイント制月額固定制
金額月額3,000~4,000円ほどメッセージ1通約50円
写真閲覧約20円~
主な出会い方サイト内の掲示板やプロフィール検索から直接メッセージ「いいね!」を送りマッチングを成立させてからメッセージ
代表例ハッピーメール
PCMAX
ワクワクメール
イククル
YYC
ミントC!Jメール
Pairs
Omiai
マッチドットコム
Tinder
ブライダルネット
出会い系サイトは出会い目的の場だから、セフレも作りやすいね。

SNSでセフレを作る流れ

SNSをする女性

SNSでセフレを作るときは、抑えたいポイントがあります。

ここではその順序とポイントを紹介します。

1:プロフィールを入念に作る

SNSの出会いで重要なのは、プロフィールです。

プロフィールで良い印象を与えられなければ、いくらメッセージしても返事は来ません。

それでは当然、セフレなんてできません。

出会うためには、プロフィールの下記の項目を入念に作成しましょう。

  • 顔写真(雰囲気が伝わるように)
  • 自己紹介(怪しさの解消)

■顔写真の撮り方

プロフィールに使う顔写真は笑顔で明るい雰囲気であること。

また、青や白といった清潔感のある色が好まれますね。

白いシャツは清潔感が増すのでおすすめ
白いシャツは清潔感が増すのでおすすめ

 
良く晴れた日に、白いシャツを着て撮影するといいですよ。

アングルを変えて何枚も撮り、奇跡の1枚を撮影しましょう。

自撮りは納得するまで撮ろう
「奇跡の1枚」を目指して…

 
もちろん画像加工アプリを使っても良いですが、加工し過ぎると逆効果ですので注意です。

■自己紹介の書き方

本来、自己紹介とは自分の性格や趣味・考え方を他人に伝えるものです。

しかしSNSでセフレを作るためには、女性ウケの良い人物像を書くのが正解。

  • カフェ巡り
  • スィーツ
  • 旅行
  • ファッション

例えば、上記に興味があると書けば、女性は「共通点が多いから話が合いそう」と考えます。

それを踏まえた自己紹介例がこちら。

はじめまして、27歳の会社員です。

社会人になり、運動不足のためボルダリングをはじめました。

また、運動後カフェでまったりするのも大好きです。

誰か一緒に、美味しいスィーツ食べに行きませんか?

上記のように人物像が想像しやすいプロフィールだと、メッセージの返信率が格段に高くなるんです。

女性目線を意識してプロフィールを作成するのがポイントですよ!

2:フリーより長期間交際している女性を狙う

セフレになりやすいのは長期間、彼氏と交際している女性です。

「彼氏持ち」は敬遠しがちですが、関係のマンネリ化に不満をもっている女性が多いんです。

そのため、ちょっと刺激すれば簡単に落ちます。

また、彼氏がいるので本気の恋に発展しにくいというメリットも。

出会いアプリなら、検索機能から絞り込むと良いでしょう。

Facebookには結婚の有無があり、既婚女性も口説きやすいのですが…

倫理面や万が一セフレ関係がバレた際のリスクを考えるとおすすめできません。

自分が既婚者なら、W不倫もいいですけどね。

3:紳士的なやり取りを心掛ける

SNSでセフレ候補の女性をみつけたら、メッセージ機能を使って距離を縮めます。

この時のポイントは2点。

  • アダルトな話は会ってから
  • 女性の意見に「同意・共感」する

女性は「軽い女だと思われたくない」ため、メッセージ中の下ネタを嫌います。

初めは趣味やライフスタイル、好きな食べ物などの話題を中心に盛り上げてください。

また、女性が口にした意見には納得できなくても共感してください。

女性は「価値観の一致する男性」を好みます。

こまめに共感することで、距離を縮められますよ。

4:デート3回以内でエッチする

SNS上のやり取りが上手くいけば1~2週間で初デートになります。

話が合えば2回目以降もデートを重ねることになるでしょう。

ここでのポイントは、デート3回以内でセックスすべきということです。

セフレにしたいなら、ダラダラとデートを繰り返していると純粋な友達になってしまいます。

「今さらキミとのエッチは想像できない」

そう言われると、手が出せませんよね。

それに何度もデートした後にフラれると、それまでの苦労が無駄に…。

遅くとも、3回目のデートまでには勝負をかけるようにしてくださいね。

エッチまでいければ、後はなあなあで済ますことができます

SNSでセフレ作りをする注意点

注意

SNSは気軽にネトナンできる代わりに、リスクもあります。

最近ではツイッターの誹謗中傷から、訴訟に至ったケースも。

匿名だからといって、相手を傷つけてはいけませんよ。

Twitterの注意点

ツイッターでは、ダイレクトメールをさらされてしまうこともあります。

恥ずかしい口説きメールをさらされるのと、「出会い厨」のレッテルを貼られてしまいます。

時間を掛けて育てたアカウントを使うのは、リスクが高いです。

ネトナン用の「裏垢」を作るのがいいですよ。

Facebookの注意点

Facebookのように許可制のコミュニティでは、管理者の目に留まれば退会処置がなされてしまいます。

最悪アカウント停止処分にもなります。

Facebookでは気軽に声をかけずに、1人ずつ確実に攻めていきましょう。

出会いアプリの注意点

出会い系アプリは、ツイッターやFacebookのようなデリケートさはありませんが、「援デリ業者」などのトラップもあります。

かんたんに女性とアポが取れたと思っても、お金を要求されることも…

素人女性を見極める目が必要になります。

※慣れるとスグに分かりますよ。

それぞれSNSの特性を分かったうえで利用しないと、トラブルになりますからね。

SNSとセフレ【まとめ】

お尻を突き出す女性

SNSでセフレを作るにはコミュニケーションが大切です。

基本の流れは、徐々に仲良くなりDMからのデートに誘う流れですね。

セフレ化するには、落とし方について語る必要がありますがキッカケには十分です。

SNSは会うまでが勝負。

実際にあってセックスに持ち込めれば、セフレ化するのも難しくはありません。

特に出会い系サイトは、エッチな女性が多いので効率良くセフレをみつけられます。

どのSNSで知り合っても、紳士的な態度でやり取りしつつデートに誘うのが基本ですよ。

セフレ探しにSNSを使うには、自分の勝ちパターンを掴む必要がありますね!