体験談

PCMAXで会えた渋谷の淫語セックス好き女子だったが…体験談

こんにちはヨモタです。

最近はまだ30代なのに若白髪が多くなり、セフレ達に笑われて困っています(笑)
セフレとはセックスだけでなく、冗談も言い合えて長続きする関係が理想ですね!

そして今のセフレ達とのセックスがマンネリ化してきたのか、セックスが億劫になっています。
そしてここだけの話、彼女達の横でオナニーで済ませてしまうことも…

「このままではいかん!もっとマンネリしないセックスを追及していこう!」

そんなことからいつもどおり出会い系サイトを使って、新規の女子探しをスタート。

色々な出会い系で女の子を捜しても大体似たような女性たちばかり。
今の私が欲しいのは新しいセックスをさせてくれる女の子です。

そうすると1人、PCMAXで少し変わった女の子を発掘。

PCMAXで出会った清楚系のフェラ好き介護師

彼女の名前は恵子。
渋谷近くの介護施設で働く29歳の清楚系女子です。

大学卒業後に長野の田舎から状況してきたせいか、まだ田舎の純朴さが目立ちます。

顔はタレントの夏帆を若干ブスにしてメガネをかけたようなおっとり系ですが、むっちり系スタイルのためあまり男ウケはしないでしょう。

そんな見た目スペックの女子なら、普通は当たり前のようにスルー。
しかし実はこの子、かなりのドスケベ女子で毎日オナニー三昧なんです!

PCMAXの掲示板でも…

「29歳の介護師です。フェラが大好きなので、フェラを勉強させてくれる男性と出会いたいです」

こんなこと書くなんて確実にサクラか業者だって思いますよね!
もちろん、私も最初は100%そう思ってました(笑)

しかし興味本位でこの怪しげな子へメッセージ。

「はじめまして!ヨモタといいます。俺の兄弟が介護師(ウソ)だから話は合うと思うよ!ところでどんなフェラだけが好きなの?」

するとすぐに返信あり!

「普通のフェラが好きです!そして男性が気持ちよくなってくれるのが大好きで、ずっとフェラしていたくなります」

最初からこんなド変態なメッセージからスタートし、気がつけばメッセージのやりとりだけで1週間。
この時点でサクラや業者ではない、真性の変態娘を発掘です(笑)

そしてPCMAXからエロトークをしていたせいか、お互い簡単に心を開いてカカオトークまでのチャットもスムーズ。

早速彼女のフェラを体験するため、会う約束をします!

渋谷でショック!久々にガチのちょいブス娘

待ち合わせはお互い仕事が休みで土曜日の夜6時。
彼女の仕事場から近い、渋谷西口のモヤイ像前で待ち合わせ。

そして少し遅れて到着するとPCMAXで見た写真どおりの子が待っています。

しかし実際に会うと、かなりがっかりです!
PCMAXでの彼女の写真でぽっちゃり系メガネのお世辞にも美人とはほど遠い女の子だとわかっていました。

彼女は身長155cmほどなのに、おそらく60キロオーバーの本当におデブ体系。

そして足フェチの私としては非常に許せない大根足です。
この時点で萎えてしまって帰ろうと一瞬思いましたが、気を落ち着かせて。

「ヨモタ、美人ではないことは初めからわかっていたことだろう…?今日は彼女のフェラテクニックを味わうために来たんだ」

ゆっくり深呼吸をし、精神統一。
まるでこれから苦行をする修業僧のような心境です(笑)

「はじめましてー!ヨモタです」

「あ、はじめまして…よ…よろしく…お願いします」

かなりのモジモジした態度から、ほとんど男慣れをしていない純朴さが伝わってきます。
こんなシャイな子がフェラ好きのド変態娘と思うと、ブスでも興奮してきますよね!

「このあとはどうする?実はあまり何も考えてないんだけど(笑)」

「えっと、私も..ヨモタさんが決めていいですよ」

「じゃーホテルで宅飲みにしよう!おいしいワインでも買って」

「はい…大丈夫です」

いつもは新規で会う子とは居酒屋行ってからホテルへ誘うまでの流れを作るのですが、この子とは必要ありません。
カカオトークで散々エロトークをしてきた為、遠まわしにセックスを誘うなんてナンセンスですね(笑)

きっとこの子も今日は朝から俺とのセックスを考えて、股を濡らして渋谷までやって来ていることでしょう!

隠語セックスで大興奮!セックスはA級品

ホテルに到着すると途中で買ってきたワインで乾杯。
さきイカや柿ピーをおつまみと実に経済的なデートです(笑)

ワインを飲みながらさらに彼女との心も体も距離を縮めていき、彼女の肩に手を当てて腰を軽く腰をくすぐるように愛撫。

「はぁ…はぁ…」

彼女の吐息が少し荒いできたところでキス。そしてボディタッチを腰から太ももへとゆっくりずらしていきます。

「フェラが好きなんでしょ?ちょっとやってみて」

「…うん」

ズボンを下ろし彼女のゆっくりとしたフェラをしてもらいますが…正直気持ちよくない

フェラ好きかもしれませんがテクニックは良くいっても中の下。
いや下の上くらい。

こんなフェラではウトウト眠くなってしまいそうで、彼女のパンツを下ろし早々にマンコを挿入。
こういう子はあまり気持ちいいセックスは期待できないので、ガンガン突きまくって早々にフィニッシュが一番です!

「あぁ…ダメェ…そんなにオマンコ突くと…どんどん気持ち良くて、ヨモタさんのオチンポ無しじゃダメになっちゃうよぉ..!」

「?!!」

な、なに?!さっきまでのシャイな態度とは、うって変わってのド変態ぶり!
セックスになると急にエロくなる子はよくいるが、ここまでの淫乱ぶりは初めてです!

清楚キャラがいきなりエロゲームの淫乱キャラへチェンジしたみたいで笑いそうです(笑)
私はドSなので調子に乗って、さらに彼女の淫乱ぶりを焚きつけます!

「ねーねーオマンコに何が入ってるの?ザーメンがほしいの?」

「オチンポォ!オチンポォ!こんなスケベな女でごめんなさい…オチンポが大好きなの!私のダメなオマンコにヨモタさんのザーメンたくさん出してください!」

「奥にだして!!たくさん出して!私のスケベオマンコにたくさん出してー!」

ガンガン突きながら気持ちいいのですが、彼女のあまりのド淫乱ぶりに吹き出しそうです!(笑)

「OK!じゃーこのスケベオマンコにたっぷりザーメン出すぞ!」

「はいぃ…スケベオマンコに…このスケベオマンコにたくさんザーメンだしてくださいぃ!」

ガンガン突きながら、私の心の中では爆笑状態のままフィニシュ!
彼女の希望通りに一滴残らず中出ししてやりましたよ。

セックス中は最高の淫乱娘でも、セックスフレンドとしてダメ

あまりの変態ぶりに興奮し、結局朝まで2回戦後、起きてからもずっとセックスばかり。

この変態娘とは長い関係が続きそうだと期待していましたが…彼女の素晴らしい点はセックス中のみで。
デート中は全く面白みがない子です。

そして後日違う子と渋谷でデートしていたのですが、それをこの変態メガネちゃんに目撃されてしまい、何故か嫉妬されて口論になってしまう始末。

ここまでくると私も萎えてしまい、すぐにフェードアウト。
セフレとして長続きする子は、セックスと話しが合う子じゃないとダメですね。

エロい女子と会える→PCMAX