体験談

川崎市のセフレ候補だった美人シンママだが微妙な雰囲気に

こんにちは!
最近は友人と飲む機会が増え、毎日胃もたれ気味で朝が辛いです。

そして男同士で飲んでいると会話は決まって女の話からの下ネタ話。
類は友を呼ぶとはよく言ったもので、私の友人はみんな揃って女好きばかりなんです(笑)

その悪友も、もう30代半ばとなり最近は少し状況が変わってきました。

「ヨモタ、お前もそろそろ良い彼女見つけて落ち着けよ。俺らも40近いぞ」

「…まぁ、そのうちな」

彼らも30代後半に差し掛かり、彼女との結婚を意識し始めていたりします。

と言いつつも、この友人も本命の彼女がいながら、常時2~3人のセフレをキープしているようですが(笑)

私は友人に諭されて、「確かに俺もそろそろ…」と一瞬思いましたが。

「いやいやイカン!歳をとったらセフレがほしくても簡単には出来ないじゃないか!」

「男として生まれてきたからには、最後の日までチンポ使い倒したる!!」

スケベに真っ直ぐな気持ちがブレーキを掛けました(笑)
そんなわけで飲み会の帰りの電車の中で、出会い系サイトを使って新規のセフレ探し。

今回も私が一番セフレと出会ってきたワクワクメールです。

ワクメ出会いで川崎市のシンママゲット!

ワクワクメール(ワクメ)は老舗の優良出会い系サイトで、使い方はシンプルで大きく分けて2つ。

自分で女の子の書き込んでいる掲示板にメッセージを送るか、自分自身で掲示板に書き込んで、ひたすら女の子からのメッセージを待つかです。

今回、ワクワクメールを開くと…

なんとメッセージを受信しているではありませんか!

私は自ら掲示板に書き込むことはないので、彼女は私の写真とプロフィールだけでメッセージを送ったもよう。
内容的にも、どうやら業者な感じでもなさそうです。

「こんにちはー!もし良かったら友達になりませんかぁ?」

メッセージをくれた女性の写真をチェックすると、キリッとした一重まぶたでロングの時の剛力彩芽似な感じ。

ブスではないが、カワイイ系が好きな私にとって正直好みではありません。

彼女の一口コメントを見ると…

「川崎市のシンママ大学生です。誰かメル友から絡んでくださいなぁー!お酒が好きなので、一緒に飲みに行ってくれる人がいいです。」

東南アジア女性との出会いが多い私にとって正直、シングルマザーは飽きてきた感すらあります。

なぜなら東南アジアでは10~20代のシンママがそこらじゅうにおり、数々のシンママとナイトライフを楽しんできました。
しかし彼女達は孤独感から簡単に男性とセックスに発展してしまい、男女の駆け引きなど皆無です。

またその後の援助してくれ攻撃がお約束となっており、最近はそれが嫌でシンママとの出会していません。

しかし日本人女性のシンママは経験なく、モノは試しと適当な感じで彼女にメッセージを送ってみました。

「一緒に飲みに行けたらいいですね~」

普段の私から女の子へのメッセージと比べると、ヤル気感ゼロです!(笑)

しかし彼女からはノリノリの返事が返ってきました!

「いいですねー!!一緒に行きましょうよ!どこに住んでるの?最近は暇だから遠くなかったらどこでも行けるよ!」

あまりタイプの女性ではないですが、きっとセックスの神様がこの子の相手をしてやれというお告げなのでしょう。

出会えたシンママはオナニー大好き

LINEも簡単に聞き出して色々聞いていくと、かなり男に飢えている様子。

彼女は21歳の女子大生のマミ。
19歳の時に30代の男性と付き合っていて妊娠してしまい、学生なのにできちゃった結婚。

しかし結婚生活は2ヶ月ほどですぐに離婚したとのこと。
それから2年ほどは学校と子育てに忙しく、男との出会いは長くご無沙汰だったそう。

今はやっと少し子供を両親に預けられるようになったので、現在は彼氏募集中。
さすがに2年間ほど彼氏がいなかったせいか、かなり男に飢えている様子です(笑)

「どれぐらいセックスしてないの?」

「…2年間ぐらいかな。元旦那とも子供ができてから全然セックスしなかった」

「マジか!じゃー結構オナニーで我慢してるんじゃない?」

「うん、かなりしてると思う」

もうかなり変態なシンママです。

子供の横でオナニーしてる彼女を想像したら、好みの女性でもないのに興奮します!

「じゃーさ、AVとかも見るの?よく見るエロ動画のURL送ってよ」

「うん…」

そして彼女が好きなエロ動画を見ると衝撃です!なんと洋物でかなりのハードなポルノでした(笑)
久々にとんでもない変態女を見つけてしまいました…

彼女の欲望を真っ正面から受け止めてやろうと、週末に会おうと伝えたらもちろんOK。

川崎駅前で見たシンママは想像以上にスタイル良し

待ち合わせ場所は彼女の地元の川崎駅前。

彼女は子供を寝かせてから来るというので、今日は待ち合わせ時間はかなり遅めの夜9時。
もうこの時点で、居酒屋で飲んだ後のセックスは確定のようなもの。

少し遅れて着くと、彼女はもうすでに待っていました。

黒のコートに黒スカートというクールなファッションスタイル。
顔は私好みではありませんが、体型は170cmほどの長身でスマートで私の好みとマッチします。

「はじめまして!今日はどこに行くの?」

「う~ん、適当にどこでもいいよ!もう遅い時間だし、そんなに長居できないでしょ」

川崎は何度か来たことがありますが、全て風俗目的です(笑)
風俗以外で川崎の街は全く知らないので、今日はチェーン店のつぼ八へ入店。

居酒屋に着くと早速ビールで乾杯。
彼女は子育てのストレスがたまるとすぐビールを飲むそうで、ハイペースでビールを飲みだします。

「2年ぐらいセックスしていないんでしょ?やっぱりセックスフレンドがいたの?」

「いないってば!やっぱりそういうのは好きな人としたいじゃん!」

「でもオナニーは大好きなんでしょ?」

「…うん、だって寂しいからさ」

エロトークは弾み、同時に彼女が次々とビールを注文。
気がつけば二人で8本も瓶ビール空けていました。

さすがに二人とも泥酔状態でこれ以上は飲めません!
お会計を済まし、ふらふらで居酒屋を出ると彼女にキス。

かなり酔っ払ってるせいか、彼女に何も確認しないまま川崎市内のホテルへ直行です!

乳首からほんのり母乳!いけないミルクプレイ!

ホテルに着いてからも彼女とはずっとキス。

もうお互い泥酔で、初めてのセックスなのにムードもへったくりもありません(笑)

そして彼女の服を脱がせると、なぜか彼女の胸元に母乳パッド。

なんとまだ彼女は少し母乳が出るらしく、手馴れた様子で母乳パッドを取ります。

シンママとのセックスは何度もありますが、母乳ありは初めての経験です!

乳首に吸い付くと、汗と母乳のしょっぱく酸っぱいなんともいえない味。

私はAVで見たことある母乳プレイのシチュエーションをそのままやってみようと思い、彼女の母乳をシャワーのごとくチンコに浴びせると今までにない興奮です。

「温かいよ最高だ」

「本当~?もうすぐで出なくなっちゃうけどねー」

初めてのミルクプレイに興奮し、シックスナイン中も母乳をチンコに浴びせ続けてもらいました(笑)

ペットが母乳まみれになりそうだったので、そのまま正常位で挿入。
彼女喘ぎ声はまさに変態女。

「もっともっと早く!もっと…あぁぁぁ…」

ガンガン彼女に突いていると、さっきまで飲みすぎたのか気持ち悪くなり適当にフィニッシュ。

ちょっと残念なシンママで、セフレには向かないかも…

彼女はかなりエロくノリもいいので、このまま長いセフレにしたかったですがシンママ。

結局この子も、東南アジア女性のシンママ達と同じパターンになりました。

次のデートからはそれとなく家族と会ってほしいような事を言い出し、しまいには一緒にスーパーで買い物中にちゃっかり子供用ミルクを私に買わせようとしてきます。

セックスも最初のようなお泊りはダメで、夜8時には子供が心配だの親から怒られるだの、理由つけてはさっさと帰宅。

このパターンになったらもう最後。

あとは少しづつ金の無心と、結婚へのプレッシャーをジワリジワリと与えてきます。

彼女からのLINEメッセージも返す気持ちがなくなり、このまま自然消滅予定です。

やはりシンママにとっても、私のような遊び人には向かないと思いますからね…

今回使ったサイト→ワクワクメール