セフレ

「もう一回したい」と思わせる。セフレ関係を長く続けるコツとは

セフレを作るためには、とりあえず一度会ってもらうことが大切です。

継続的な関係を作りたいと思っていても、最初からセフレ関係を強要すると女性にとって警戒すべき相手となってしまいます。
相手を気遣えない人とセフレになろうとは思わないですよね。

まずは、一度会う約束を取り付けることに集中。
それに成功したら、次に繋げることができるデート内容やエッチをするようにしましょう。

「また会いたい」
「もう一度セックスしたい」

そう思わせるために、覚えておいて欲しいことを女性目線でお伝えします。

恋愛の出会いと同じくらい女性に気を遣うこと

「セックスさえ良ければ、女性は満足してセフレになってくれる」

そんな勘違いをしている人もいるようですが、それは大きな間違い。

女性にとって、エッチの内容やテクニックはオマケのようなもの。

重要なのは、「セックスに至るまでの過程」と「一緒に過ごす時間が楽しいかどうか」です。

セフレはエッチだけの関係ですが、恋愛相手と同じくらい女性を気遣うことが必要不可欠。

例えばこんなこと。

  • 初めて会うまでの間、メールを小まめに返信する
  • 女性が返信しやすい内容を心がけるなど、細かな気配り
  • 「仕事お疲れさま」など、相手への気遣い

「優しくてイイ人」と思わせることで、仮に多少エッチの相性が合わなくてもまた会ってくれる可能性が高くなります。

特に女性の性欲が高まる30代あたりからは、イケメンかどうかなど外見をあまり気にしなくなります。
外見よりも、内面重視にシフトするんですよね。

恋人ではないので毎日毎日メールをする必要はありませんが、エッチした後のフォローは必須。

「忙しいのに会ってくれてありがとう、とっても楽しかったよ。
次に会えるのを楽しみにしてます」

「今日もすごく楽しかった!
次会うまで、今日の○○さんの姿を思い出しながら過ごします(笑)」

こんな感じですね。
まとめると以下のようになります。

  • 会ってくれたことへのお礼
  • 今日の感想
  • 次に繋げる内容

このように伝えておくと、女性は「また会いたい」と素直に思えるもの。

普段彼氏や夫とエッチをしていて、改めて褒めてもらうことなんてないですからね。

エッチの内容や乱れた姿を褒めてもらったり気に入ってもらえると、恥ずかしいと思いつつもすごく嬉しいです。
(エッチの最中にも言われると嬉しいし、気分が高まります)

セフレだからと適当に対応せずに、ちゃんと気配りをすることが継続的な関係に繋がります。

ちょっと大袈裟なくらいに褒めて、気分を良くしてあげてくださいね。

最初から自分の欲望全開にしない

胸チラする女性

セフレ相手とのエッチは、快楽重視で色々なプレイを試してみることができるのが魅力ですよね。

彼女には引かれてしまうかもしれない嗜好のプレイも、エッチをするために知り合った相手となら楽しめることが多いです。

ただ、やりたいプレイがあったとしても最初から欲望全開に強要するのはオススメできません。

特に汚いこと、痛いことはダメです。
そのようなプレイは、ある程度の信頼関係があってできること。

例えば目隠しでエッチしたいと言われても、これまでずっとセーフセックスをしてくれていた相手とならできますが…
初めてエッチする相手とは、怖くてできません。

まずは女性が安心して気持ちよくなれるような、優しいセックスを心がけてください。

初めてのエッチが優しくて気持ちよくさせてくれるものであれば、「次に会うときには私が気持ちよくしてあげよう」と思えます。

人によって好むエッチは違うものの、多くの女性に共通するのは以下の通り。

  • 挿入だけで気持ちよくはなれない
  • 浅く速くよりも、深くゆっくりの方が気持ち良い
  • エッチのために会うなら、一回だけでは物足りない

前戯にしっかりと時間をかけ、ゆっくり動き女性に負担をかけないように心がけてください。

二回戦をする体力や精力がない方は、精力剤などを使って準備をしておいて欲しいですね。

多少自分の趣味と合わなくても、とりあえず合わせておく方が次に繋がりやすくなります。
どうしても無理なこと以外は、女性の要望に応じてあげてくださいね。

清潔感はかなり大事

ここまで気遣いやエッチの内容などについてお話ししてきましたが、もっと大切なことは清潔感です。

口臭や体臭が気になったら、もう二度と会いたくありません。

どんなに紳士的で優しくても、どんなにエッチが上手だったとしても、です。

体型や体力などは簡単に直せませんが、口臭や体臭はすぐに改善可能ですよね。
しっかりと清潔にしておけば良いだけです。

女性が気になる5つの不潔ポイント
  1. シャワーは事前に浴びた上で、現地でも浴びる
    「シャワー浴びてきたから」とエッチの直前に身体を洗わないのは女性に失礼です。
  2. 服はちゃんと洗濯し、アイロンをかける
    シワシワのシャツやシミのついた服は論外です。
  3. タバコの臭いや汗の臭いはNG
    消臭剤や制汗剤を使いましょう。
  4. 車や自宅でのデートなら掃除は必須
    汚れた部屋だとエッチする気もなくなります。
  5. 爪と鼻毛の手入れを忘れずに
    伸びた爪は不衛生。鼻毛は一瞬で冷めちゃいます。

セフレごときにこんなに気を遣うのは面倒!と思う方もいるかもしれませんが、これは女性に対する最低限のマナーです。

お互いが気持ちよく楽しく過ごすために、気配りを忘れないようにしてくださいね。

男性はどれだけ清潔にしていても、年齢と共に加齢臭が気になってしまうことも。
そんな場合は匂いがキツくない程度の香水をつけたり、体臭に効くサプリメントなどを飲むなどの工夫をしましょう。

面倒くさい男にならない

網タイツ姿の女性
セフレはあくまでセフレであり、彼氏ではありません。
プライベートに踏み込まれるのを嫌がる女性は多いものです。

彼氏の有無や結婚歴、住まいや職業などは、女性から話を振られない限りあれこれ聞くのは止めましょう。

自分のことをペラペラと話すのもあまり好まれません。

セフレに「俺、実は結婚してるんだよね~」なんて言われて気分が良くなる女性はいないですからね。
大抵の女性は「面倒なことになりそう」と思って離れてしまいます。

女性が嫌がる「めんどくさい男」発言
  • 関係を強要する発言
    「次はいつ会えるの?いつ?来週は?」
  • セックスの感想を要求
    「俺のエッチどうだった?今までの男と比べてどう?」
  • プライベートの詮索
    「昨日なにしてたの?どこに行ったの?誰といたの?」

私はどれもセフレに言われたことがあるのですが、率直に「もう会いたくないな」と感じてしまいました。

セックスの感想を知りたいという男心は理解できますが、2回以上会っているならエッチに問題はないということ。

「よかった、素敵だった」と言わせたい気持ちが見えてしまうと、正直冷めてしまうんですよね。

セフレに会う頻度としては、人にもよりますが2週間に1回から1ヶ月に1回程度ではないかと思います。

次いつ会えるのと聞くのではなく、その頃になったらさりげなく予定を聞く方がスマートですね。

もっと頻繁に会いたいと思うなら、複数のセフレを持つのがオススメです。

セフレ探しに使えるサイト

ただ、何人ものセフレがいたとしても「他にもセフレがいる」なんて女性に言ってはダメですよ。

余計な詮索や発言で「面倒な男」になってしまうと、わざわざ会うメリットを感じなくなってしまいます。

安心して会うことができるのは、適度な距離を保てる相手です。

お互いが欲求を満たせて、楽しく過ごせる関係を維持できるようにしたいですね。

「もう一回したい」と思わせる。セフレ関係を長く続けるコツのまとめ

毎回割り切りエッチの相手をサイトやナンパで探すのは、お金や時間がかかります。
病気の心配も出てきますよね。

したいときにエッチを楽しむためには、出会ったセフレを逃さないようにすることが大切。
女性に不快な思いをさせないように、しっかりと気配りをしましょう。

結局、女性に気遣いができる男性がセフレ関係を長く続けられますし、モテます。

セフレと良い関係を築きながら、女性に好まれる素敵な男性を目指してください!